中古住宅の暗いリビングを明るくする方法。空き家の問題も解決するスカイライトチューブ


「あー、これならいいですね。是非お願いします。」

 

こんなに明るくなるのであればいいですねー。




立地場所が希望通りで間取りも気に入った中古住宅だけど、

購入しようかどうしようか最後まで迷ったという。


迷った理由が、住宅密集地にあるためリビングが暗いこと。


隣の家で日当たりが気になります。



しかし、不動産屋さんから、


「スカイライトチューブという日当たりの問題を解決できる方法
があるから一度見学したらどうですか?」


という紹介を受けた、若いご夫妻が見学にいらっしゃいました。



実際に、私の自宅のキッチンも以前は暗く
そのキッチンをスカイライトチューブが解決してくれたので
このご夫妻の気持ちは痛いほどよくわかります。



そして、見学していただいたときに出た言葉が冒頭の



「いいですねー。」だった。



紹介していただいた不動産屋さんに話を聞くと、
 

「実は、このお客さんの前にも、契約寸前まで
いったお客さんが3組ほどいたんですよ。
でも、3組ともリビングの暗さが原因で決めてもらえなかったんです。」



やっぱり、一日の中でも長く過ごすリビングだから
余計に明るさについては重要視して考えますよね。



「それで、このお客さんにもリビングの暗さを指摘されたときに
スカイライトチューブの事を思い出したんですよ。
あのセミナーに参加して、藤井さんと名刺交換しててよかったですよ。」



と喜んでいただきました。
契約できそうで出来なかった中古住宅の物件が
まとまったんですからね。



総務省の平成25年住宅・土地統計調査(速報集計)の結果では、


日本の総住宅数は6063万戸と,
5年前に比べ,305万戸(5.3%)増加


その中で空き家の数は、なんと820万戸と,
5年前に比べ,63万戸(8.3%)も増加してるんです。


そして、空き家率(総住宅数に占める割合)は,
13.5%と0.4ポイント上昇し,過去最高になりました。


人口減少が進行していく日本において
空き家の問題は深刻なものがあります。
中古住宅をいかにして価値を高めて流通させていくかは
住宅業界においての重要課題です。



この物件のように、

「日当たりさえ何とかなれば買うんだけどなー。」


という物件も少なくないんじゃないでしょうか?



立地も建物コンディションもいいのに
日当たりが問題で売りづらい物件を、
売れる物件に変えることが出来るのもスカイライトチューブの
魅力の一つです。


見学にいらしたご夫婦ですが、
 
スカイライトチューブで無事に明るいリビングになって、
スカチューオーナー様になっていただきましたよ!



ドームで太陽の光を集めて、
屋根のドームで太陽の光を集めます。




2階があってもチューブで一階のリビングまで運び、

2階あっても大丈夫。光をチューブで運びます。





わずか一日の工事で、暗かったリビングに明るい自然光を届けました。

電器つけっぱなしかと思った!



日本の中古住宅の流通にも役に立てていただきたいと思います。

不動産屋さんや不動産オーナーさんにも
知っていただきたいスカイライトチューブです。




◎「太陽のあかり」スカイライトチューブがよくわかる動画はこちら。

 【スカチューマン藤井の自宅は、3方を囲まれた3階建て。
 1階も2階も薄暗い生活を強いられる中で、半信半疑のもと
 祈る思いで設置したスカイライトチューブ。
 はたして3階建ての1階の部屋まで明るくなるのか??】


日当たりの問題を解決したい方はこちら