日当たりの悪いキッチンを明るくする方法|太陽のあかりと人工照明の違いがこんなに


「キッチンをリフォームしたけど、今一つ明るさが物足りない。」


「明るいキッチンで気持ちよく料理をする姿をイメージしてたのに。」


というあなたにもスカイライトチューブがお役に立てます。



こちらのお宅のキッチンは、まさにそんな状況でした。
今はこんなですから信じられないでしょけれども。

太陽のあかりがやってきた


キッチンをリフォームした時に、一緒にスカイライトチューブで
天井から太陽のあかりを運んでくる工事を行いました。



その結果、こんな状況のキッチンが

スカチュー設置前


こんな感じに
 
なったんですよ。
 

こんな笑顔に


奥さんの笑顔がとても素敵です。



LED照明をつけても明るくはなるのですが
昼間から、電気はつけたくありませんよね。

電気照明でのあかり

でも、太陽の明かりとはちょっと違いますよね。
 
 
 
 
太陽の明かりはこんな感じです。もう一度見てくださいね。

太陽のあかり



明るさもそうなんですけど、野菜やお肉などの食材の
色もずいぶんと違うことが分かりました。



冷蔵庫にあったトマトを奥さんに切ってもらいました。

トマトを切ってもらいました。




こちらが電気照明の下でのトマト

電気照明のトマト




そしてこちらが、スカチューが運んできた
 
太陽のあかりの下でのトマト

スカチューのトマト


こんなに違うんですねー。



いろんな人に、この違いを見てもらったら

「明るくて、みずみずしくて、おいしそー」

という感想をたくさんいただきました。



昼間電気で明るくしてて違和感を感じているあなた。
 
スカイライトチューブで太陽の明かりを運んできて
気持ちよくお料理のできるキッチンにしてみませんか?

スカチューで気持ちのいいキッチンにしてみませんか?


◎「太陽のあかり」スカイライトチューブがよくわかる動画はこちら。

 【スカチューマン藤井の自宅は、3方を囲まれた3階建て。
 1階も2階も薄暗い生活を強いられる中で、半信半疑のもと
 祈る思いで設置したスカイライトチューブ。
 はたして3階建ての1階の部屋まで明るくなるのか??】
日当たりの問題を解決したい方はこちら